はじめての転職ナビ

企業にとって未経験の人間を採用するメリットとは

転職をして未経験の業界や職種に挑戦をしたいと考えた時、やる気と同じくらい入社後の苦労を考えて、心配する方も多いでしょう。未経験の業種への転職を成功させるためには、第一に徹底して下調べをしておくことが大切です。未経験の業種には理想ばかりが先行してしまって、現実的なことを見落としてしまう方も少なくないからです。その業種に対する未知の部分をなるべく少なくしておくことが必要ですし、面接の際に見当違いな回答をしてしまうようなミスも防げます。

未経験の業種を希望する場合には、業種や仕事をしたい企業のことを詳しく調べることから始めましょう。未経験の業種にチャレンジする際には、取っておくと有利になる資格や免許の有無も確認しましょう。何かあれば転職活動にあわせて勉強をしていくことをおすすめします。資格というのは、あくまでその人が持っている能力の目安で、実務経験以上に重要視されることはありません。しかし、その実務経験のない未経験の業種への転職を希望しているのであれば、経験の差をカバーする能力があることを資格でアピールすることが出来ます。

そして、どうしてその業種にチャレンジしたいのかという、明確な志望動機を持っているかも重要です。転職をする際に重視されるのが、志望動機だからです。特に未経験の場合には、今までのキャリアを捨ててまで、どうして違う仕事をしたいと思っているのかという理由を必ず聞かれるでしょう。自分でもそれをきちんと理解しておいて、説得力のある説明が出来るようになっている必要があります。そしてその理由こそが、入社後の苦労も乗り越えられるモチベーションを維持する元にもなるでしょう。

未経験のことに挑戦するためには、情熱ややる気や、その職種に活かすことが出来る経験とスキルをいかにアピール出来るかが大切です。採用担当者が求めているのは、採用後に長期間勤めてくれる、やる気に満ち溢れた優秀な人材です。未経験者は採用後にいかに早く技術を身につけて会社に貢献することが出来るのか、ということを見られますので、アピール出来る武器を準備しておいて、面接官の心を掴みましょう。

Custodian

管理人イメージ

Name
マルオ・デラックス
Age
27
Birthplace
新潟
Hobby
麺類食べ歩き